2021年12月08日

不特定な異常終了に対処するサポートページを追加しました

今年も一ヶ月を切ってしまった。早いな〜
ホームページトップに新しいサポートページへのリンクを追加しました。
アプリケーションの起動時や使用時に、突如異常終了(クラッシュ)してしまう場合の対処方法を記述したサポートページです。最近発生してる異常終了のクラッシュレポートの多くが、アプリケーションの発生箇所が特定できない内容です。
これは、macOS内に読み込まれた”システムが管理しているもの以外”のさまざまなソフトウエアや機能拡張、フォントが原因で発生した場合に発生します。
異常終了の原因を切り分ける方法として、セーフブートでMacを起動して切り分ける方法があります。この方法を解説したページがアップルのサポートページにあります。

新しく追加したサポートページには、このアップルのサポートページへのリンクが置かれています。
異常終了で困っているユーザーさんご自身で確認できます。

support-image-2021128.jpg

不特定な異常終了でお困りの場合、是非ご利用ください。

posted by kunix at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ

2021年10月16日

iOS, iPadOSようpostcardCafe AtelierとphotoCafe-FLをアップデート

iOS, iPadOSようpostcardCafe AtelierとphotoCafe-FLをアップデートしました。
それぞれのアップデート内容は以下です。
postcardCafe Atelier
---
1.iOS 15、iPadOS 15をサポートしました。
2.iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 mini、iPad 第9世代、iPad mini 第6世代をサポートしました。
3.サポートOSは iOS 12 以降に変更されました。
4.iOS 15ではプリンタ名は自動設定されません。
注:環境設定「印刷スケールを調整」で取得したプリンタ名は、印刷時のプリンタ名として反映されません。iOS 15を使用時にこの制限があります。
- 印刷用のプリントパネルでプリンタ名を選択してください。
5.スタンプを2022年用に更新しました。
---
photoCafe-FL
----
1.iOS 15、iPadOS 15をサポートしました。
2.iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 mini、iPad 第9世代、iPad mini 第6世代をサポートしました。
---
postcardCafe AtelierはサポートOSが「iOS 12以降」になりました。
またiOS 15とiPadOS 15では、環境設定の「印刷スケールを調整」で取得したプリンタ名が、印刷時のプリンタ名として反映されません。
これは、プログラム内(Xcode)で"NSPrintInfo"の"printrID"が正しく動作しないようです。printerIDにプリンター名を渡すとアプリケーションがクラッシュしてしまいます。iOS 15、iPadOS 15のみで発生します。OSのバグかと思います。なのでiOS 15、iPadOS 15ではプリンター名を渡さないようにしています。
ほかでも報告されているようなので、そのうち修正されるでしょう。
posted by kunix at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ

2021年10月08日

iOSようnoteCafeとnoteCafe Styloをアップデート

iOSようnoteCafeとnoteCafe Styloをアップデートしました。
iOS 15、iPadOS 15に対応しました。同時に、iPhone 13シリーズとiPad 第9世代、iPad mini 第6世代をサポートしました。
noteCafeのアップデート内容
---
1.iOS 15、iPadOS 15をサポートしました。
2.iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 mini、iPad 第9世代、iPad mini 第6世代をサポートしました。
3.iOS 13、iPadOS 13以降では、分割ページ表示を廃止しました。
 ・長いコンテンツも1ページに表示されます。
  注:A4サイズで30ページを超える場合は分割されます。
  注:iOS 13、iPadOS 13以前は従来通りです。
4.テーブル編集に制限があります。
 ・テーブルのセルが空の場合は、直接文字を入力することができません。
 ・テーブルの次の行が空の場合は、直接文字を入力することができません。
 ・セルまたは次の行が空の場合でも、コピー and ペーストで文字を入力することができます。
 ・セルまたは次の行に文字がある場合は、直接文字を入力することができます。
---
noteCafe Styloのアップデート内容
---
1.iOS 15、iPadOS 15をサポートしました。
2.iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 mini、iPad 第9世代、iPad mini 第6世代をサポートしました。
3.テーブル編集に制限があります。
 ・テーブルのセルが空の場合は、直接文字を入力することができません。
 ・テーブルの次の行が空の場合は、直接文字を入力することができません。
 ・セルまたは次の行が空の場合でも、コピー and ペーストで文字を入力することができます。
 ・セルまたは次の行に文字がある場合は、直接文字を入力することができます。
---

noteCafeはテーブル(表)の編集に制限があります。
テーブルのセルが空(何も入力されていない状態)の場合、直接文字を入力するとテーブルのスタイルが変形してしまいます。iOS 15(iPadOS 15)かXcode 13のバグのように見えますが、回避策が見つかりません。
なので制限をかけました。
そのうち治るかもしれません?!
posted by kunix at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ

2021年06月10日

noteCafe Styloアップデートしました。

梅雨時なのに、30°を超えて快晴なり。
Mac版のnoeCafe Styloをアップデートしました。バージョンは2.0.0です。
内容は、五つまでのファイルを編集できるようになりました。ファイルはタブで切り替えます。Undo/Redoはファイル毎に独立しています。また保存時のUndo/Redo情報も保持するようになりました。
ほかにいくつかの機能アップがあります。
アップデート内容
---
1.最大五つのファイルが編集できます。
・タブを選択してファイルを切り替えます。
2.アプリケーションアイコンにファイルをドロップすることでも読み込めます。
3.UndoとRedoはファイル毎に独立しています。
・UndoとRedoの操作も改善しました。
4.デフォルトの保存先ディレクトリを指定できます。
5.参照ビューはファイルをドロップすることでも読み込めます。
6.右クリックで「リンクを開く」が実行できなかった不具合を修正しました。
---

noteCafe-Stylo-20210610.jpg

posted by kunix at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ

2021年05月06日

postcardCafe Atelierをアップデート

5月、良い季節になってきました。
はがき作成ソフト「postcardCafe Atelier」をアップデートしました。ご利用いただいている方の要望も取り入れています。
アップデート内容は、Mac、iPad、iPhoneとも同じ内容です。
---
・裏面のみの作成ができるようになりました。
- 住所録を作成しなくても裏面が作成できます。

・授受履歴(もらった、出した)の管理ができるようになりました。

- 履歴は郵便番号と氏名とはがきタイプ(年賀はがきとそのほかの一般はがきの二種類)に紐づけられます。

・受取人氏名のフォントサイズの決定方法が変更されました。二種類の決定方法があります。

1.受取人氏名のフォントサイズは、受取人住所のフォントサイズに比例して設定されます。

- フォントサイズの変更は比率を設定します。この変更は全てのカードに適用されます。(縦書きのみに対応)

2.受取人氏名のフォントサイズは、受取人氏名のフレームサイズに最適化されて設定されます。従来の方法です。

- フォントサイズの変更はサイズを設定します。この変更は表示しているはがきのみに適用されます。

・郵便番号のフォントが選択できるようになりました。

- おもて面に設定されたフォント、またはデフォルトの「Helvetica Neue」から選択できます。(縦書きのみに対応)

・住所氏名欄の移動にステッパーが使えるようになりました。

- ドラッグで移動する方法に加えて、ステッパーが併用できます。

・受取人氏名の文字間隔が増減できるようになりました。

- 文字間隔の変更は増減値を設定します。この変更は全てのカードに適用されます。(縦書きのみに対応)

・連絡先.appで設定された敬称が取り込めるようになりました。

- 連絡先.appに敬称が設定されている場合は、それが優先されます。

・差出人情報の郵便番号と電話番号は自動的に1バイトコードに変換されるようになりました。

- 全角で入力しても1バイトコードに変換されます。
---

ほかにMacのOS X 10.11と10.12で発生していた不具合を修正しました。
---
・縦書きの場合、住所氏名が複数行になると行間隔が広くなってしまうことがある不具合を修正しました。OS X 10.11と10.12で発生していました。
---

postcardCafe-20210506.jpg
posted by kunix at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ