2016年05月09日

El CapitanでApp StoreとiTunesにサインインできない問題が解決できた

久々の更新。もうすぐMac版noteCafeの新しいバージョンをアップできる予定。
そのための作業をEl Capitanでず〜っとやってたのですが、いつの間にかApp StoreとiTunesにサインインできない状態になっていました。これまで、サインインしたままだったので、いつの頃からできなくなったか不明ですが、現在のバージョンはOS X 10.11.4です。
App Store、iTunesともサインインすると「Apple ID サーバーへの接続時にエラーが起きました。」と怒られます。
二、三日悩んでいろいろ調べて試してみたけどダメでした。今日、ふとコンソールログを見てみたら、ログインしているところで「NSURLSession/NSURLConnection HTTP load failed (kCFStreamErrorDomainSSL, -9807)」というログが。これって、HTTPじゃダメだよHTTPSにしなさいというエラーメッセージではないですか(最近セキュリティ強化のためAppleが標準でHTTPコネクションを通さなくした)。う〜む、なんでと思いながら、これを元に調べてみたら、キーチェーンアクセスの環境設定に問題があるとのこと。これを直したら一発でサインインできるようになりました。
なんか、El Capitanのアップデートなんかを繰り返してるうちに、変わってしまったのかもしれません...ね。
以下、修正手順です。
...
サインインすると怒られるメッセージ。
AppleID-2016-05-09-1.png

キーチェーンアクセスを立ち上げて「キーチェーンアクセス」->「環境設定…」->「証明書」を選びます。
証明書の中の「OCSP」と「CRL」が「証明書に指定の場合は必須」となっていたらアウトです。
AppleID-2016-05-09-2.png

「OCSP」と「CRL」を「可能な場合に適用」に変えます。
AppleID-2016-05-09-3.png

変更後は、Macを再起動します。
これでサインインできるようになります。
...
ということで、コンソールのログは偉大だな?!。

posted by kunix at 21:52| Comment(0) | つれずれ

2016年01月19日

IOS用noteCafeのバージョン1.1.0をリリース

昨日は今シーズンの初雪だった。う〜寒い、さむい。
この16日にIOS用noteCafeのバージョン1.1.0が無事リリースされました。
変更内容は、iCloud側のカテゴリでページ検索(対象カテゴリ内のページ内容を検索する機能)すると、エラーダイアログが表示されることがあるバグを修正しました。他にアプリのバージョン番号をインフォメーションに表示するようにしました。IOSのアプリってMacのアバウト(○○○について)が無いので、どこかに表示去るようにしてやらないといけないんですね。
...
Mac用noteCafeは新しいユーザーインターフェイスに改装中。検索機能の強化やページのサムネイル一覧やイメージキャンバスを挿入してマークアップ機能で手書きイメージを描ける機能など追加予定です。
だいぶできてきました。
noteCafe2-20160119.jpg
...
posted by kunix at 23:58| Comment(0) | つれずれ

2016年01月12日

Mac用noteCafeバージョン1.6.0がリリースされました。

暖かい日が続いてたのに、今日は寒かった。
Mac用noteCafeのバージョン1.6.0が、本日無事Appleの審査をパスしてリリースされました。変更内容は以下です。
...
1.共有拡張機能で写真(Photo)アプリから画像を取り込むとき、大きなサイズの画像はリサイズするようにしました。リサイスされるサイズは、画像の横幅がIOS用noteCafeで見ることができるサイズになります。
2.共有拡張機能を使って、マップ(Map)アプリで表示している地図(マップと航空写真両方)を画像として取り込めるようになりました。大きなサイズの地図は、写真と同じようにリサイズされます。
posted by kunix at 20:38| Comment(0) | つれずれ

2016年01月07日

最近買ったもので最もダメなもの、PIXELAの地デジチューナー

2016年の初投稿。新年明けましておめでとうございます(1月7日までいいんだよね)。年末年始は暖かい日が続いて良かったです。
...
新年早々何なんですが、ちょっと困ったことがあったのでメモ。
まず昨年暮にも書いた、PIXELAの地デジチューナーDT-195があまりにも困ったクンなので、DT-195を購入するまで使っていたDT-181-PU0に戻しました。
このDT-181-PU0は、かれこれ6年くらい使っていたのですが、最近録画した番組を削除すると、他の録画番組が見れなくなるというトラブルが現れだしたのでDT-195に変えたのです。ところが、このDT-195...と言うかそのアプリケーションの問題だと思うのですが、「録画と再生とディスク作成」がことごとくうまく動きませんでした。
...
その-1
録画と再生は昨年書いた「録画情報の削除」でできるようになったのですが、録画番組をディスクに作成するアプリケーションがどうやっても立ち上がりません。番組を選んで「ディスク作成」を実行するとディスク作成のアプリケーションが異常終了してしまいます。Dockでそのアプリケーションのアイコンが跳ねるのですが異常終了のダイアログが出てしまいます(Macは、iMac DuoなのでDVDドライブを内臓しています)。
...
その-2
このトラブル対応のため、チューナー本体だけを別のMac(iMac Core i5)に移してアプリケーションをインストールし、いろいろデバッグしてみたのですが、ディスク作成のアプリケーションはどうやっても立ち上がりませんでした。
...
その-3
ディスク作成はとりあえず諦めてチューナー本体をもとのMacに戻したところ、録画してあった番組が観れなくなってしまいました。例の「チューナーは他の端末で使用されています」のメッセージが! 当然、録画情報の削除を行えば使えるようになるのでしょうが、それまで録画したものは観れなくなってしまします。
まぁ〜試しに、録画ディスクの内容をコピーしておいて「録画情報の削除」を実行しコピー内容を戻しましたがダメでした。チューナー本体を別Macで使っただけで、元の環境で録画再生ができなくなるとは!?
...
その-4
このアプリケーション(StationTV バージョン1.4.2)、録画と再生とディスク作成に関しては、動かない、立ち上がらない、使えなくなると最悪のシナリオを描いてくれました。
と言うわけで、前使っていたDT-181-PU0に戻すことに。
...
その-5
DT-195用のアプリケーション(StationTV)をアンインストールしましたが、これまた大変な作業(マニュアルには丁寧に書いてありますが)。
アクティビティモニタで常駐しているプロセスを終了して、フォルダ移動を使ってプライベートデータベースのファイルを消して、ライブラリフォルダへ移動してアプリケーションサポートからファイルを消して、プレファレンスからファイルを消して、システム環境設定でログイン項目からアプリケーションを消して、と普通にMacを使ってる人には、何を意味しているか分からず尻込みしてしまいそうです。それに、この手の作業は一歩間違えば、他のアプリケーションやMac自体の動作に影響を与えてしまいます。
...
まとめ
PIXELAの地デジチューナーDT-195は、ハードウエアの出来はとても良いように見えるのですが、いかんせんアプリケーションがダメです。番組を視聴するだけなら問題ないのですが、録画と再生とディスク作成がダメです。ダメというのは、アプリケーションが操作しにくいとか分かりづらいとか言うことではなく、「動かない、立ち上がらない、使えなくなる」と言うことがダメという意味です。
DT-195はアプリケーションが使えるようになるまでは、お蔵入りとしました。
...
statintv_20160106.jpg
posted by kunix at 09:51| Comment(0) | つれずれ

2015年12月27日

地デジチューナーPIX-DT195で録画再生できないトラブルの対処法

もう師走だ。
Mac用地デジチューナーをピクセラのPIX-DT181から最新のPIX-DT195に変えたら、録画した番組が再生できなくなってしまった。再生しようとすると「チューナーは他の端末で使用されています。」とのメッセージ。再インストールや再設定や、環境を変えてみたがダメ。なんじゃこりゃ! こんなもの売るなよなぁ〜と悪態つきつつ、いろいろ眺めてたら、環境設定に「録画情報削除」というのが目に留まった。ダメ元で試してみたら、なんとこれで問題なく再生できるようになった。
ただ、この「録画情報削除」というのも曲者で、一回目は必ず失敗するのです。ここで諦めず、もう一度「録画情報削除」をクリックすると「録画情報の削除が終了しました。」とメッセージがでます。これで録画を再生できるようになります。
う〜む、サポートにもそんな情報ないし、それなりの金額で販売しているものにしては、ちょっとなにです!!!
...
以下手順。アプリケーションのバージョンは、「1.4.2」です。
Macの環境は、iMac DuoとYosemite (OS X 10.10.5)と iMac Core i5 El Capitan (OS X 10.11.2)の両方の環境で確認しました。いろいろ試しておかしな状態になっていると思ったら、一度アンインストールして新規インストールしてから試してください。
***注意点 USBハブ経由でチューナー本体と録画用外部ディスクを使うと録画再生できません。Mac本体から別々にUSB接続する必要があります。***

「録画フォルダの場所」を選択します @。
次に「録画情報削除」をクリックします A。
pixela-1-20151226.jpg

「録画情報を削除します。よろしいいですか?」とダイアログがでるので「OK」をクリックします。
pixela-2-20151226.jpg

再確認で「本当に削除してもよろしいですか?」とダイアログがでます。「OK」をクリックします。
pixela-3-20151226.jpg

一度目は「録画情報の削除に失敗しました。」と言ってくるので「OK」をクリックします。
pixela-4-20151226.jpg

もう一度「録画情報削除」をクリックします A。
pixela-1-20151226.jpg

再度「録画情報を削除します。よろしいいですか?」と言ってくるので「OK」をクリックします。
pixela-2-20151226.jpg

再度確認で「本当に削除してもよろしいですか?」と言ってくるので「OK」をクリックします。
pixela-3-20151226.jpg

そうすると「録画情報の削除が終了しました。」とダイアログが出ます。「OK」をクリックします。アプリケーションが終了するので再起動します。これで録画再生ができるようになります。録画して再生してみてください。
pixela-5-20151226.jpg

***補足。
録画や再生がうまくできなくて、いろいろ試していると環境設定で「録画フォルダの場所」の下にある「ハードディスク情報」が「ハードディスク未接続」となる場合があるようです B。このときはアプリケーションを再起動すると認識できるようになるようです。
pixela-6-20151226.jpg

***と言うことで使えるようにはなりましたが、PIXELAのアプリケーションはバグが多いようです。起動後の最初のアクションでエラーになりもう一度やると動くとか言うところがいくつか見られます。どうも起動時の初期設定がうまくできてないように思います。他にも「あれ?」と思うような動作をすることがあります。特に、一度決めた録画フォルダを変更することは、やめたほうがいいようです。再生できなくことがあるかも?
posted by kunix at 00:40| Comment(0) | つれずれ