2017年05月19日

迷惑メール対策。

 世界中でランサムウェアなど迷惑メールの被害が広がっているようですが、それから身を守る方法は「怪しいメールは開かない」しかないようです。でも怪しいメールが本来のメールに混ざってしまっていると、見分けるのもなかなか大変。ならばと迷惑メールをフィルタで振り分けて迷惑メールボックスに入れてしまいたいのですが、メールの内容を条件にフィルタリングしようとすると、なかなか思うようにいかないのが事実ではないでしょうか。
 私もメール内容で振り分けしようと四苦八苦したのですが思うようにいかなかったため、連絡先に登録されている差出人からのメール以外は、迷惑メールボックスに入れるようにフィルタを設定しています。この方法は、曖昧なところがなく確実に迷惑メールを振り分けてくれます。(注:メールの使用目的によっては、これでは困る方もいると思いますが)
...
 以下、Macのメーラーの設定方法です。
1.メーラーの環境設定で「迷惑メール」を選択して図のように設定します。
spam-1-20170518.png
2.次に「詳細...」を選択して図のように設定します。
spam-2-20170518.png
「差出人」に自分のメールアドレスを設定するのは、自分のメールアドレスに偽装した迷惑メールを判別するためです。

3.これで迷惑メールが迷惑メールボックスに入るので、「迷惑メールボックス」を選んでメニューかcommand + Aキーで「全てを選択」してdeleteキーで削除します。
spam-3-20170518.png
4.削除した迷惑メールは「ゴミ箱」に入るので、ゴミ箱を「右クリック」または「二本指でタップ」して表示されるポップアップメニューの「削除済み項目を消去...」を選択します。これで迷惑メールは消去されます。
spam-4-20170518.png
***気をつけないといけないこと。
 連絡先に登録してある差出人がメールアドレスを変更した場合は、迷惑メールとして振り分けられてしまいます。なので迷惑メールを削除する前に、メーラーのリストプレビューを眺めて正規の差出人がいないか確認するようにしなければいけません。正規の差出人からのメールがあった場合は、そのメールだけドラッグして正規のメールボックスに移してあげます。そして、そのメールのメールアドレスを「右クリック」または「二本指でタップ」して表示されるポップアップメニューの「”連絡先”に追加」を選択して変更されたアドレスを連絡先に登録します。
spam-5-20170518.png
 このフィルタを使えば、誤って迷惑メールを開いてしまう確率は格段に低くなると思います。ポイントは、迷惑メールはリストプレビューで眺めるだけにして決して開かないことです。
posted by kunix at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ

2017年05月06日

5月の連休も終盤

 数日前、ここ関東は雨の予報だったけど、気を利かしてか?雨は逃げていったようで時々薄日も射すお天気に。
 昨日、使っているカメラのバッテリーがダメになってしまった。充電は普通にできて充電完了となるんだけど、カメラに入れても全く反応せずエンプティ状態。う〜ん、こういうこともあるんですね。とりあえずカメラはスペアのバッテリーで使える状態に。

battery-20170506.jpg

 バッテリーがスペア一つになってしまったので発注。だいぶ古いタイプなので在庫があるか不安だったけど、ありました。スペアも長く使っているので二つ発注。このバッテリー、2004年3月の発売なのでもう13年経っている。こういうのって、いつまで発売続けるんですかね? メーカーさんも大変だな。

IMG_5655-20170506.jpg

posted by kunix at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ

2017年04月09日

noteCafe Styloリリースしました。

 macOSとIOSようのアプリケーション「noteCafe Stylo」をリリースしました。
noteCafe Styloはリッチテキストで編集できるテキストエディタです。フォント、フォントカラー、フォントスタイルや見出しが簡単に設定できます。リストと表も挿入できます。ほかに添付イメージをプレビューで確認しながらリサイズすることができます。macOS / IOSどちらもiCloud Driveが使えるのでデバイス間で共有できます。
 また、noteCafe Styloはアプリケーション「noteCafe」に保存することができます。保存時にnoteCafeのカテゴリやタグを選択することができます。
+++
主な仕様
読み込み可能なファイル
・ファイル:      rtfd, rtf, txt, pdf, html
・画像:        jpg, png, tiff, gif
・動画とサウンド:   mov, m4v, mp4, m4a
・添付可能なファイル: keynote, pages, numbers
フォント編集
イメージ編集
リストと表を挿入
ページを検索
リッチテキスト(RTFD)で保存
iCloud Driveをサポート
共有拡張をサポート
+++
noteCafe Styloは無料アプリケーションです。

noteCafe-Stylo-20170409-1.jpg
noteCafe-Stylo-20170409-2.jpg
posted by kunix at 13:05| Comment(0) | つれずれ

2017年03月19日

noteCafeのバージョン2.4.0(macOS)と1.5.0(IOS)をリリースしました。

mac用とIOS用のアプリケーション「noteCafe」の新しいバージョンをリリースしました。それぞれ、Version 2.4.0とVersion 1.5.0です。
---
macOS用の変更点。
1.タイトル抽出機能が改善されました。
2.その他マイナーバグの修正。
---
IOS用の変更点。
1.タイトル抽出機能が改善されました。
2.編集とリンクアクセスが簡単になりました。編集はタップでできます。またリンクや添付ファイルへのアクセスはロングプレスでできます。
3.その他マイナーバグの修正。

IOS用は編集とリンクや添付ファイルのアクセスが、ページのモードを切り替えなくてもできるようになりました。操作しやすくなったと思います。
...
現在、新しいアプリケーションを準備しています。シンプルなリッチテキスト(RTFD)を扱えるテキストエディタで、ファイル読み込みや保存のほか、「noteCafe」に編集ページを保存できます。noteCafeがインストールされてなくても使えるものです。macOS用とIOS用を準備してます。iCloud Driveの使える予定。

noteCafe-Stylo-20170319-1.jpg

noteCafe-Stylo-20170319-2.jpg
posted by kunix at 14:23| Comment(0) | つれずれ

2017年01月17日

noteCafeアップデートしました。macOS:Ver2.3.0、IOS:Ver1.4.1

macOS用とIOS用のnoteCafeをアップデートしました。
どちらも「リストと表」が使えるようになりました。他に、macOS用はHTMLファイルが読み込めるようになりました。HTMLの読み込みは、一度に複数のファイルを読み込むことができます。添付ファイルも読み込めます。
...
macOS用の変更点
1.リストと表が挿入できます。
2.HTMLファイルを読み込むことができます。
  複数のHTMLファイルを扱うことができます。
3.オートセーブが正常に終了しないことがあるバグを修正しました。
4.保存時の操作性が向上しました。
5.その他マイナーバグの修正。

IOS用の変更点
1.リストと表が挿入できます。
2.カット、コピー、ペーストの動作が最適化されました。
3.その他マイナーバグの修正。
...
リストと表について、macOSはシステム標準の機能を使用しています。IOSはmacOS側の仕様に合わせて追加しています。IOS用は一部制限事項がありますが、macOSと共有できます。
以下、IOS用のスクリーンショット
noteCafe-i-20170117-1.jpg
...
macOS用のHTMLファイル読み込みは、「~/ホーム/ダウンロード/」内にHTMLファイルを含むフォルダを置いて読み込むようになっています。複数のHTMLファイルと添付ファイルがある場合は、一度に読み込んでページ分けしてnoteCafeに登録します。タグにも対応しています。HTMLファイルで書き出せるアプリなら、一ページずつコピーペーストしなくて済みます。
posted by kunix at 11:16| Comment(0) | つれずれ